ベロポジ超大事

ベロがギザギザなのは、ベロの位置が違うせい

 

ポイント

1.歯にギザギザの跡がある

2.ベロを支える筋力の低下

3.あいうべ体操

4.正しいポジション

5.つぶれたカエルを思い出し、ベロを持ち上げる

歯にギザギザの跡がある

最近、重力を超えたなにかすごい力が、

グォーって、ほほを下げにかかってきてた!

自分では、理由が分からないけど、

口角がいつも超への字に下がってる。

ほほがたるみすぎてブルドックになってる。

そして、先日、鏡を見たら、自分の舌にギザギザな歯の跡がついてたんです。

そのうえ、あっかんべーがうまくできない!

なぜか曲がる

なぜか曲がる

なんというか、真っ直ぐならない?みたいな。

ハッと思い当たったことかありました。

そう、これは、低舌位です。

 

そういえば、最近ずっと、無意識に舌先で前歯をさわっていました。

それではいけないのです。

ベロのポジションがおかしい!のです。

いつの間にか、低舌位になっていたんです。トホホ。

何がおかしいのか、なぜこうなったのか、緊急に修正しないと!

ベロを支える筋力の低下

 

低位舌とは、舌を支える筋肉が衰えて、

舌の収まる位置が変わってしまった状態です。

舌がだらりと広がる為に、歯型がつきます。

筋肉の力が弱ったために、ポジションが前にいってたんです。

つまり、老化現象により顔の周りの筋肉が衰えて、ベロが下がっていたんですよ!

 自分のベロが支えられないなんて、老化とは、なんと恐ろしい。

低舌位は、美容面でも大変よろしくないです。

顔のゆがみやあごのたるみの原因になります。

その結果妖怪たるみらっこが出現してしまったのです!

妖怪たるみらっこ

妖怪たるみらっこ

あいうべ体操

前回、口呼吸を直すために、歯医者さんに勧められたのが、

口テープあいうべ体操

つまり、これも口呼吸から、鼻呼吸に改善していくためですね。

「あ」「い」「う」「べ」と順番にやります。

声は、出さなくても構いません。

あー

「あー」と口を大きく開く
元気よく

「いー」

「いー」と口を大きく横に広げる。首の筋が出る位

「うー」

「うー」と口を前に突き出す
チュウの形

「べー」

「べー」と舌を出す。顎につく位

1日30セットを目安に毎日続ける。

30回はなかなか・・・なかなか大変ですよ。

いやいや、4年間さぼったツケが妖怪たるみらっこなんですから、

心を入れ替えて体操しないと。

歯磨きのタイミングとかに合わると、忘れないかな。

 

4.正しいポジション

口呼吸において、ベロの位置は重要なポイントです。

正しい舌の位置はここ。

べろ

ベロが上あごにくっついているのが、正しいポジション

図を見てわかる通り、舌が上あごにぴたっとくっついていて、

上の歯にも下の歯にも触れていません

ポケット

ポケット

上顎のポケットは上あごに位置していて、前歯よりも少し奥にあります。

舌がここにぴったりついている状態だと正常です。

 

つぶれたカエルを思い出す

つぶれたカエルっぽい

衰えとは、恐ろしいですね。

ベロを支える筋肉までが、弱ってくるとは・・・。

これまで、無意識に前歯を触っていましたが、

舌の位置を気をつけて、ぴたっと上あごにつけると、

なんだか口の中に空気がなくて、息苦しい気がします。

そして、顔が横につぶれて、なんか、つぶれたカエルみたいな顔になってると思う・・・

多分、これまで呼吸も浅かったので、呼吸法から直さないといけないんでしょう。

後は、これも多分筋肉が弱っているせいか、どうすればまっすぐ立てるのか

分からなくなって久しいので、こちらもなんとかしなければ。

 

まとめ

スマホにしてから、急速に姿勢も悪くなった気がします。

でも、今は取り合えず、つぶれたカエルを思い出して、

1日30回くらいベロポジ直してます。

(つまり、それほどいつもベロ位置が落ちているということ。)

舌は小さくして、上顎のポケットにおさめる。

前歯には当てない。

自分に言い聞かせてます。

 

Follow me!

ベロポジ超大事” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください