ヘルシオでホックホク焼き芋

ヘルシオで、ホックリ焼き芋ができました。

 

これまで、焼き芋は、電子レンジ、オーブントースター、魚焼きグリルで、

やってみたことがあります。

なぜそんないろいろ試しているのか?

焼き芋が食べたいからです。

パサパサ

ちょっとパサパサだけど、
なかなかの出来栄え

昔は、焼き芋屋さんは、リヤカーで家の近所をまわってましたね。

恥ずかしくて、一度も呼び止めた思い出はありません。

今はスーパーの片隅で焼き芋が売られているので、ちょくちょく買います。

でも、超美味しい時と、パッサパサな時があるのです。

安定のおいしさで、もっとお安くお家で作りたいでしょ?

ところが、お家で作るとなると、挫折の連続です。

電子レンジでやったら、ただのふかしイモになりましたね。

オーブントースターでは、

まずレンチンチンしてからアルミホイルをかけて、焼きました。

が、大層時間がかかったうえに、

庫内が狭いので、上部ヒーターとアルミホイルが接触しそうになり、

ちょっと危険だったな。

魚焼きグリルの時は、焼き芋専用のアルミホイル(300円もした!)買って、

同じようにレンチンしてから、グリルにインして焼きました。

これも時間はかかりましたが、一番よくできたかな。

ただ、調子に乗って、2回目もっと太いサツマイモにしたら、

これがしまった。いや、閉まらなかった。

そう、が閉まらなかったのだ。

小ぶりなサツマイモでないと


小ぶりなサツマイモでないと

さて、今回は、ヘルシオでチャレンジです。

 

焼き芋コース

1.サツマイモを洗い、フォークで皮に穴をあける

2.水タンク用意・天板(角皿)は下段

3.18焼き芋で約40分

 

 

洗ったサツマイモをフオークでさして穴をあけ、

そのままセットします。

フオークで刺すのは、加熱で皮がはじけるのを防ぐためです。

刺すは、直径5cm以下のものが良いようです。

 

仕上がりは、少しパサパサめにできました。。

 

焼き芋とじゃがバタ

 

1.濡らしたキッチンペーパーでくるみ、レンジで15分

2.水タンク用意・天板(角皿)は下段

3.ウォーターオーブンで35分

ジャガイモは、丸ごとはダメとか説明書に書いてあって、

やはりこちらも全行程オーブンだと

光熱費がかかりそうなので、まず、レンチンします。

 

1.ジャガイモと、サツマイモは、洗って、

丸ごと濡らしたキッチンペーパーにくるみ、

レンジ12~15分チンする。

ジャガイモは、レンジ用の入れ物に入れました。

まずレンチン

まずレンチン

2.水タンクを用意して、キッチンペーパーをはずし、ジャガイモとサツマイモを並べる

3.ウオーターオーブンで、35分焼く。

焼き芋とジャガイモ

焼き芋とジャガイモ

ジャガイモは、いい感じ。

じゃがバタにしました。

パサパサ

ちょっとパサパサだけど、
なかなかの出来栄え

じゃがバタ

じゃがバタ。鉄板に美味しい

焼き芋は、サツマイモの皮の焦げるにおいがしてきたので、

ストップしましたが、もうちょっと焼き時間を追加してら、

もしかしたら、お店で売っているような、ねっとりになったかも。

 

焼き芋専用のアルミホイルでも試してみました

これが焼き芋専用の アルミホイル

これが焼き芋専用の
アルミホイル

せっかく焼き芋専用のアルミホイルがあるので、

これも使って同じように焼いてみました。

あまり変わらん

あまり変わらん

結果は、あまり変わらず。

やはりややパサパサです。

わざわざアルミホイルを使うとこともないかも。

 

まとめ

どうしても時間はかかってしまいますが、

美味しさはヘルシオと焼き魚グリル、同じくらい美味しくできました。

ヘルニアの焼き芋コースが一番手がかからないかな?

どうしてもねっとりならず、パサパサになるけど、これはこれでよし。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください