ヘルシオでトロットロの温泉卵

温泉卵6個いっぺんで全部超トロットロ

 

 

温泉卵、みんな大好きですよね。

冷やしうどんとか、ビビンバとか、どんなお料理にもポンっと温泉卵が乗っかってるだけで、

ツヤットロッとして、美味しそう感がグーンとアップしてしますもんね。

そんでもって、これまでは、温泉卵はこのひよこちゃんで作ってました。

ひよこちゃん

ひよこちゃん

卵を入れて、熱湯を入れて、待つだけ。

いいでしょ。

ただ、一度に2個しかできないのは置いといて、

どう~しても、仕上がりが一定ではない

その時の、気温や、卵のサイズも関係してくるし、

我が家の場合、3回計6個作りたいので、

途中無理やりインターバルを置いても、

内部が冷めず、規定時間どうりだと温まりすぎてしまう。

ので、出来上がった温泉卵は、

ほぼ生~ちょうどgood~ゆで卵まで、

割ってみなければわからない、まさに爆弾卵なのです。

食卓に出す前に、今日の爆弾卵は上手くいったかな?と、

毎回当たりはずれで一騒ぎでした。

で、ヘルシオに温泉卵キーがあるではありませんか。

早速、卵6個、いっぺんにやってみましょう。

 

温泉卵

1.冷蔵庫から出したての卵6個

2.水タンク用意・天板(角皿)は上段

3.温泉卵8-1 温泉卵に合わせる(機種によって番号は違うかも)

 

1.冷蔵庫から出したての卵6個

2.水タンクに水をいれる、角皿は上段

転がりやすいので注意。上段。

転がりやすいので注意。上段。

3.温泉卵8-1 温泉卵に合わせる(機種によって番号は違うかも)

時間 30分位?

ファビュラス!!!

もう温泉卵のためだけにヘルシオ買ってよかったと言えますな。

これで、もう、うで加減の心配はナッシング

なのに、あんまり毎回パーフェクトだったら、

「前は、生だったり、ゆですぎだったり、

割ってみないと分からないところが面白かった

今は毎回完璧で、それもちょとつまらない。」との声が上がりました。

いやいやいや。

トロットロ!

トロットロ

ゆで卵も作ってみる

今度はゆで卵

レシピにゆでたまごが載っているのを見つけたときは、

いくら何でも、わざわざヘルシオでゆで卵作らないでしょう、と思いました。

まさかのゆで卵、作ってしまいました。

ゆで卵と言えば、この2アイテム

ゆで具合を教えてくれる鶏コッコちゃんと、

卵のおしりにハリをさす、穴明け器が必須です。

おしりに穴をあけるのは、ゆでた後で、殻をむきやすくするためです。

常にペアで使う。

常にペアで使う。

いつもいつも、ゆで卵の時にセットで使っていました。

ヘルシオだと、どちらも出番ありません。

 

1.冷蔵庫から出したての卵6個

2.水タンク用意・天板(角皿)は上段

絵面が温泉卵と同じ

絵面が温泉卵と同じ

3.ゆで卵8-2(機種によって番号は違うかも)で16分

 

おでんや、鶏手羽の煮物に入れるゆで卵が

2~8個までできます。

加熱後は、すぐに流水に付けて十分にさましましょう。

卵が破裂する恐れがあるんですって。

こっちの爆弾卵はマジ怖い。

 

ちょうどの黄身かげん

ちょうどの黄身かげん

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください