ヘルシオでウインナーのロールパン

先に言うけど、ヘルシオでも普通の出来

 

 

たまーにお休みの日には、パンを焼いてます。

いっつもおんなじウインナーのロールパンと、

チョコレートのを少し。

生地は、ティファールのパン器でこねてもらい、

成形して、焼き上げだけをオーブンでやってます。

今回は、ヘルシオで焼き上げてみました。

 

ウインナーパン

1.ティファールのパン焼き機(ホーム&バゲット)で生地を作る。

2.水タンク用意・天板(角皿)は下段

3.33発酵 40℃ 40分

4.29ロールパン

(手動の時は、35余熱オーブン180℃ 22~24分

 

フランスパンのカマンベールチーズはさみ

1.フランスパンに切れ目を入れ、カマンベールチーズを一切れおきに挟む

2.水タンク用意・天板(角皿)は下段

3.ウオーターオーブン(余熱なし) 250℃ 12分

 

キノコのアヒージョ

1.アヒージョを作る。フランスパンを切る。

2.水タンク用意・天板(角皿)は下段

3.5-2 焼きたてパンあたためフランスパン

手動なら、ウオーターオーブン(余熱なし) 250℃ 12分

 

ウインナーパン

1-1.生地の分量

小麦粉 65g

強力粉 300g

マーガリン 30g

塩 7g

牛乳(卵残りと合わせて)215ml

ドライイースト 4g

卵 1個

ウインナー一袋(14~5本)

ブロックチョコ 7~8粒

 

2.小麦粉、強力粉、塩、マーガリンは計っておいて、

何回分かまとめてビニール袋に入れておくと次の時便利。

このまま冷蔵庫へ

イースト.液体以外のもの

3.ドリュール用の卵を少し残し、牛乳を足して、計量する。

ドリュー用卵液とパン生地用の牛乳

ドリュール用卵液とパン生地用の牛乳

4.ティファールにセットし、生地コースにて、1時間20分

生地こねてくれる

生地こねてくれる

一番下に牛乳、次に粉、最後にイースト

一番下に牛乳、次に粉、最後にイースト

5.生地を取り出し、ウインナー用たくさんとチョコレート用少しに分ける。

ウインナー用分は、14~5等分にして、雫型にのばして、ウインナーを入れて、丸める。

ウインナーはチョリソーでも美味しい。

太い方からクルクルと

太い方からクルクルと

6.チョコレート分は、長方形に伸ばしてから、刻んだブロックチョコをまき、

丸めて、ロール状にしてから、3~4つに包丁で切る。

生地は長方形にする

生地は長方形にする

2.霧吹きをし、発酵させる

33発酵 40℃ 40分

40℃で30分

40℃で30分

二次発酵させます。

二次発酵させます。

3. ドリュール用の卵液をパンに刷毛で塗り、焼く

29ロールパン

(手動の時は、22~35余熱オーブン180℃ 24分

チャリソーで焼いた

やや色が薄い?

ついでにあと2品

フランスパンのカマンベールチーズはさみ焼き

1.材料

フランスパン1本~1本半

カマンベールチーズ1箱

1.フランスパンに切り込みを入れて、一切れおきにマーガリンを塗って、

カマンベールチーズをはさむ。

フランスパンで

フランスパンで

2.水タンク用意・天板(角皿)は下段

3.ウオーターオーブン(余熱なし) 250℃ 12分

ピザ用チーズをかけて焼きます。

ウオーターオーブン 12分

ウオーターオーブン 12分

ごちそうっぽい

ごちそう感あふれる

フランスパンにつけて食べようキノコのアヒージョ

1.材料

フランスパン1本

海老・マッシュルーム・エリンギなどなどなんでも

九州醤油とオリーブオイル

ニンニクみじん切り 大1

赤唐がらし1本

オリーブオイル カップ1/2

九州醤油 大1

●小鍋に入れて温める。

2.水タンク用意・天板(角皿)は下段

3.フランスパンをスライスして、天板に並べる。

5-2 焼きたてパンあたためフランスパン

手動なら、ウオーターオーブン(余熱なし) 250℃ 12分

キノコのアヒージョ

キノコのアヒージョ

まとめ

全く、これまでのオーブンと変わらない出来栄えでした。

はじっこはやっぱり色が薄くなったけど。

少しふっくらしたかな。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください