長野の夏野菜

スーパーのと、新鮮さが違う

 

母の実家の長野から、段ボールいっぱいの夏野菜が送られてきました。

うれしい。

うれしいのですが、

曲がりなりにも東京在住の私、あまりにも大量のお野菜を見ると、

いっぱいいっぱいになってしまうのです。

なぜなら、新鮮な夏野菜

私がモタモタ放置しておくと、どんどん新鮮な夏野菜ではなくなってしまいます。

どうしたらピチピチのうちに美味しく料理したらいいのだろう、

なんとかして早いことやっつけないことには、と、

考えるだけで、胸が苦しくなるのです。

贅沢な苦しみですね。

野菜・野菜・野菜

野菜・野菜・野菜

何はさておき、田舎にお礼の電話をしなければ!

ばーちゃん(母の姉)にも半分分けてあげてね。

お前んちの方が、人数が多いから、多めにとっていいよ。」とのこと。

やれやれ、これ全部うちの分かと思って、ビビリすぎでしたね。

 

とりあえず、ご近所さん2軒に、それぞれきゅうりアスパを1袋ずつおすそ分けしました。

 

そして、ともし-に、

ばーちゃんちの分、

キャベツ1玉

きゅうり2袋

なす1袋

アスパラ3袋

オクラ1袋

だいこん1本

を、スーパーのおっきい袋に入れて、届けに行ってもらいましたよ。

しばらくして、ともし-が、なにやらまたスーパーの袋を持って帰ってきました。

「今うちも野菜あるから、いらない分は返すって、返された。」

と、

キャベツ1玉

アスパラ2袋

なす1袋を持って帰ってきました。

返却されすぎ!!!

 

今我が家の冷蔵庫は緑の野菜でみちみちあふれております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください