パパとゆっきゅんが富士山登ります。準備編

富士登山の持ち物チェックと費用予算

 

 

 

富士登山費用(1人分)

旅行費用  26500円(予算)

道具費用  50000円(全て新規で揃えた場合の目安)

 

持ち物一式

登山靴、防寒雨具、30L程度のリュック、ヘッドライト、帽子

防寒手袋、着替え、タオル、クスリ(バファリン、携帯酸素)

軽食(ウィダインゼリー、カルパス、めかぶ昆布、塩タブレットなど)

ペットボトル(水500ml×4本)

大荷物

大荷物

富士山登りますよ

パパは、何年か前に初めて富士山に登って、

すごく感動したらしくて、

これから毎年登るぞってことになったらしいです。

で、ともし-はそーゆーの、一切付き合ってくれないので、

今年は、中学2年生になったゆっきゅんに白羽の矢を立てて、

一緒に登ってもらうことになりました。

富士山と言えば、近年世界遺産にもなり、

外国人から、サンダル履きの人まで、

登山客で大渋滞の様子がちょくちょく報道されてますね。

パパは、装備一式、準備万端抜かりなく装備していくタイプです。

なので、自分の時もアマゾンで何やら色々頼んでいましたが、

今回、ゆっきゅんが参入ということで、

今回もまたもやアマゾンで登山グッズ買いこんでました.

 

富士登山費用予算(一人分)

富士登山経費(1人分)

■東京~三島(新幹線往復)      8,000円

■三島駅南口~富士宮5合目(往復)  5,000円

■富士山保全協力金          1,000円

■萬年雪山荘(1泊2食)        7,500円

■食費(3食)             2,000円

■宅配(往復)             3,000円
—————————————————————
合計                 26,500円

 

持ち物

登山靴

ゆっきゅんの登山靴は、サイズ合わせないといけないので、

スポーツ用品店で買いました。

紐の代わりに、ダイヤルでキツさを調整します。

ゆっきゅんの登山靴

ゆっきゅんの登山靴

防寒雨具

スタイリッシュ

スタイリッシュ

 

30L程度のリュック

富士山用 

身長の半分くらいある

結構大きい

結構大きい

ヘッドライト

ライトがついていて、

ライトがついていて、頭に装着できる

かっこいい!

かっこいい!

帽子

帽子

帽子

防寒手袋(頂上は夏でも5℃位です)

必須!らしい

必須!らしい

着替え(靴下、シャツ)

タオル

クスリ(バファリン、携帯酸素)

頭痛に

頭痛に

酸素

酸素 飲むのと吸うの

軽食(ウィダインゼリー、カルパス、めかぶ昆布、塩タブレットなど)

エネルギーをチャージ

エネルギーをチャージ

ペットボトル(水500ml×4本)

その他は、手持ちのスポーツ用品で対応可能と思います。

レンタルもあるので、上手く使うといいですね。

事前のトレーニング

ちなみに、パパは普段運動していません。

帰宅部のゆっきゅんも何の運動もしていません。

いきなり富士山はどうだろうかということで、

事前のトレーニング代わりに、夏休みに、一度、二人で都電の端から端まで歩きました。

早稲田から、三ノ輪橋までです。

結構暑い日だったのですが、3時間ちょと位だったみたいです。

後は、ゆっきゅんは近所を何回か軽く走ったりしていました。

二人のトレーニングは、それくらいですね。

 

あとは、当日のお天気が心配ですが、

楽しい、登山になりますように。

登頂の様子はこちら「パパとゆっきゅんのゆっきゅんの富士登山」へ続きます。

Follow me!

パパとゆっきゅんが富士山登ります。準備編” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください