予備校の先生の講習会を聞いて、かえって不安になる

 

受験に対する親の心構えの講習を聞きに行く

 

さて、勝負の夏も過ぎ去り、いよいよ本格的に受験生は大変な時期になってきました。

そんな受験生のお子さんに持つ親の不安を解消しようと、高校が主催した

「予備校の先生による講習会」がありました。

1.講習の内容

①昨今の受験を取り巻く状況

②子どもへの接し方

③大学受験にかかる費用

2.お母さんたちの相談コーナー

3.親のサポートは結局お金と食事

 

保護者向け講習の内容について

①昨今の受験を取り巻く状況

2018年のセンター試験の日程は、過去12~3年のなかで、最も早い日付なんだそうです。

文系人気が高く理系やや低いそうな。

出願は、ほとんどの大学がインターネット出願を導入しているようです。

模試の結果がD判定E判定でも、合否の判定が出るまでは分からないので、

最後まであきらめないことが大事です。

 

②受験生の子どもへの接し方はどうしたらいいのか

子どもたちへのアンケート結果では、

子どもが親にしてほしいことは?

美味しいごはんを作ってほしい

静かにしてほしい

金銭面のサポート

応援してほしい

受験校への理解

朝起こしてほしい

今までどうりにしてほしい

逆に、してほしくないことは?

勉強しなさいということ

過干渉

イラっとさせること、うるさいこと

過度な期待、プレッシャー

模試の結果に口を出すこと

兄弟・姉妹との比較

親も大変

親も大変

ということですって。

うん。知ってた。

邪魔するなってことよね。

そんで、は出さずにを出せってことよね。

そのお金ですが、以下、かかる費用の例です。

 

3.大学受験にかかる費用について

受験~入学までの必要経費

受験料

センター試験3教科以上   18,000円~

国公立大学個別(2次)試験 17,000円程度

私立大学(文系・理系等)  35,000円程度

私立大学(歯学部系統)   40,000円程度

私立大学(医学部系統)   60,000円程度

私立大学(センター利用方式)18,000円程度

 

入学金・授業料<初年度納付金>

国立大学         817,800円

公立大学        70~110万円程度

私立大学(文系)    110~130万円程度

私立大学(理系)    140~230万円程度

私立大学(医・歯学系)500~1,000万円程度

 

例えば、文系で、国公立を目指している場合

センター出願(成績開示込み)            18,800円

国公立大学前期・後期出願       17,000円×2=34,000円

私立大学センター利用方式3校出願    18,000円×3=54,000円

私立大学一般方式6校出願       35,000円×6=210,000円

国公立大学発表前に私立大学の1校に1次入学金納付  300,000円

国公立前期で合格し、初年度納付金を払う       817,800円

                            計1,434,600円

(講習会の資料から)

(実際には、さらにプラス、2~4年生時の授業料が必要になってきます。)

お金はもっと大変

お金はもっと大変

こちらも、分かっていたこととはいえ、

足し算されるとあまりの金額の多さに

めまいがしそう。

 

お母さんたちの相談コーナー

最後に、お母さんたちからの相談の時間が設けられました。

相談コーナーでは、他のお母さんたちのいろいろな悩み事を話し合いました。

「うちの子は、夜中の12時、1時過ぎまで勉強して、朝は6時に起きて、学校へ行っています。

毎日10時間以上勉強しています。

今から、あんまり根を詰めすぎているので、心配です。」

「声をかけても、ピリピリしていて、うっとおしがられます。」

携帯いじりすぎて困ってます。

取り上げた方がいいんでしょうか。」

ヨーグルトを食べると風邪をひかないというので、明治のR-1を買ってます。」

「食事だったら、が脳に良さそうなので、よくメニューに出します。

あと、冷凍食品は普段から使いません。」

 

親ができること

なんか、皆さんの真剣な様子を聞いて、

かえって不安になって帰ってきました。

ニナりん、夜は早く寝て、しっかりたっぷり睡眠とってるし、

私がおススメしたアニメも見てくれるし。

金銭的なこと、学力的なこと、食事のこと、

だんだん心配になって、

ニナりんに

「だれだれさんね、ヨーグルトは風邪ひかないからって、毎日買ってるんだって。

あと、魚がいいから、サバとか、サプリで取ってるって。

あと、冷凍食品は、一切使わないんだって。」

私の作るお弁当は、冷凍商品ばっかりだよ。

どうしよう?」って言ったら、

「おかあさん、私の周りの子だって、お弁当みんな冷凍食品使ってて当たり前だよ。

気にしなくていいよ。

私は睡眠時間削ると、昼間眠くなるからだめなんだ。

でも、私なりに頑張っているから。

大学入ったら、バイトもするから。

そのためにも、とりあえず、どこかへ入らなきゃだけど。」

って、逆に落ち着くよう、諭されました。

 

はぁ~。そうだね。

私が焦っても仕方ない。

少し落ち着こう。

どこかには入りたい

どこかには入りたい

結局、親は

暖かく見守ることと、

お金と食事の用意だけしとけ、みたいなことですね。

 

大学受験編1個前のブログはこちらです。

大学受験編「大学受験 オープンキャンパスには行ったほうがいいよ」へ続くブログこちらです。

Follow me!

予備校の先生の講習会を聞いて、かえって不安になる” に対して 3 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください