ヘルシオでフワトロ茶わん蒸し

ヘルシオでフワトロ茶わん蒸し

 

さて、茶わん蒸し。

蒸し器やせいろが我が家にないため、

いろいろなお鍋の種類でチャレンジしてきました。

圧力なべでも作りましたが、中が見えないので、時間の判断が非常に難しかったですね。

大きなお鍋に、さかさまにお皿をしいて、蒸し状態にするのも、割とスタンダードですね。

これは、どうしても、が入りました。

あと、昔のオレンジページに載っていた蒸し方なんですが、

お鍋に、お湯をたっぷり、茶わん蒸しの卵液と同じ高さくらいまで水をたっぷり張って、

お水が沸騰しないぎりぎりの状態で、

10分くらいゆで蒸し?にするのです。

お湯たっぷり

お湯たっぷり

この方法は、割と上手にできたので、

これまではずっとこの作り方で茶わん蒸しを作っていました。

ところがリフォームした時に、IHにしたら、

その便利に使っていた大なべが、IHでは使えなくなってしまったのです。

がーん。

その後、魚焼きグリル用のステンレス鍋を購入したので、

それで、茶わん蒸し作ってました。

 

ちなみに、中に入れる具ですが、

ニナりんがエビがアレルギーで、NGで、

そうすると、あんまりこれといったいい具材がなくて、

ものさみしいな~と思って、とにかく具材を増量せねばとうどんまで入れ込んだら、

「茶わん蒸しのトロトロが味わえなくて、

じゃま!」と言われ、

不評でした。

「そんなこと言っても、入れる具がないんだけど。」と言ったら、

「いっそなんにもなくてもいい。」

とのことです。

なので、いつも、もう、具なしでもいいか、くらいの勢いで、

ささやかな具しか入っておりません。

あと、ココットも6個もないので、

蕎麦猪口で作ってます。

今度は、ヘルシオで、作ってみましょう。

 

茶わん蒸し

1.卵液を作る。具を用意する。アルミホイルで蓋をする。

2.水タンク用意・天板(角皿)上段

3.9茶わん蒸しで約35分(蒸らし10分含む)

ココット6個分

卵 3個

水  3cup

塩   3~4g

みりん 小さじ2

醤油  小さじ1

粉末だしの素  少々

具 ささみ、エビ、かまぼこ、かにかま、鶏肉、銀杏、シメジなどお好みで、

 

1.卵液を作る

水3カップを少し温め、だしの素・塩・みりん・醤油を加え、だし汁を作る。

卵をよく溶きほぐして、だし汁で伸ばし、こす。

蒸し茶碗に具を入れ、卵液を8分目まで注ぎ、アルミホイルで蓋をする。

蓋する前。泡を消してない。

蓋する前。泡を消さないと

共蓋の代わりにアルミホイルをかぶせる

共蓋の代わりにアルミホイルをかぶせる

2.水タンク用意・天板(角皿)上段

3.9茶わん蒸しで約35分(蒸らし10分含む)

 

出来上がりが、常に一定して、フワトロなのがいいですね。

が入る心配も全くなし。

トロトロ具合は、ヘルシオで作った茶わん蒸しが

一番限界までトロトロな感じがします。

レンジから、出すとき、器があっついので、火傷にご注意!です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください