子ども載せ自転車が壊れて、子育て期もそろそろ卒業?

 

ママチャリがパンクした

パートに行くのにも、買い物に行くにも、毎日使っている心の友ママチャリが壊れました。

このママチャリは、2代目ママチャリです。

最初のは、長男ともし‐が歩き始めたころに買いました。

男の子は、あちこち動き回って、買い物連れて行くのも大変なのです。

当時は、普通の自転車のハンドル部分に補助具をくっつけて子どもを乗せている人が多かったです。

(そういえば、今は見当たりませんね。規制が変わったのかな?)

私はあまり自転車が得意ではなかったので、がっしりと丈夫に支えてくれる、子ども載せ専用の自転車にしました。

それでも、前かごに子供を乗せると、ハンドルがびっくするほど重くなります。

ものすごく運転しづらいのです。

子どもも少し成長すると、子どもの頭で前方も見にくくなり、さらに大変です。

普通に乗せたのに、

普通に乗せたのに、

 

長女のニナりんが生まれ、自転車に載せられるようになると、ニナりんを前に乗せて、ともし‐は後ろに移動してもらいました。

前後に乗せたりすると、重くてさらに倒れやすいので、全力で踏ん張らないと、めちゃめちゃ危ないです。

子どもを乗せているときは、慎重な運転になります。

幼稚園の送り迎えから、習い事・買い物まで、雨の日も晴れの日も毎日乗っていました。

到着したら、こうなってた!

到着したら、こうなってた!

そんな、苦楽を共にしたママチャリですが、子どもを乗せたまま転んでしまったこともあります。

ともし‐を幼稚園に送る朝、前日にが降りました。

都会の雪はすぐ解けるので、道路の雪も翌朝にはほぼ解けかかっていました。

自転車で行けるな~って思って、ともし‐と幼稚園に登園しました。

ところが案の定、途中の道路の真ん中に雪のカタマリが残ってて、乗り上げてしまった。

つるん、スッテンですよ。

ああ。

ニナりんの時は、普通に花壇わきに自転車を止めようとしたのです。

が、道がやや傾いていて、そのまま花壇の方へ倒れて、ニナりんを、花壇に落っことしてしまった。

花壇に落とした。

花壇に落とした。

ごめん。

今の自転車は、次男ゆっきゅんが幼稚園の頃に壊れ、買い替えた2代目で、すでに8~9年使っている年代物です。

もうだいぶ前から、タイヤを取り換えたり、ブレーキを直したりしていましたが、いよいよ寿命でしょうか。

タイヤのゴムに亀裂が入り、修理も大変そう。

とうとう先日、粗大ゴミに、お願いしました。

もう使わなくなって久しいキックボードも一緒に廃棄しました。

子ども関連の日用品がだんだん使わなくなってきて、いよいよ子育て期も卒業って感じです。

少し寂しいですね。

たまに前後に2人乗せててさらに3人目をおんぶして自転車こいでるママを見ます。

ベビーカーでも、自転車でも、子どもを連れて歩くのって、見た目以上にずっと、大変なんですよ~。

気をつけてねって心の中で思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください