東京ドーム天然温泉スパ・ラクーアで心と身体をリフレッシュ

ニナりんとスパ・ラクーアでお肌ツルツルになりました

 

1.念願の天然温泉スパ・ラクーアへGO!

2.温泉は天然温泉、もちろん、露店風呂やサウナも数種類あって、満喫できます

3.うっとりするアメニティ「デタイユ・ラ・メゾン」

4.「ニャーヴェトナム」でベトナム料理をいただく

5.女性が一人で行っても怖くないリラックスゾーン

6.多種多彩な有料のボディトリートメントコースが用意されている

7.館内が素晴らしく清潔なのだった

 

大学が決まって、やっとほっとした高校3先生の娘、ニナりん。

部屋にあった山のような参考書やら、大学案内やらの大量の書類を、2~3日かけて、片付けてました。

「あと、特にやることない。何しよう?」と言う。

「せっかく休みがひと月もあるし、これまでしたかったことを、この春休みにしてみようか?」ということになりました。

日ごろから出不精のお兄ちゃんはともかく、弟のゆっきゅんもパパも普通に仕事も学校もあるし、私なら、平日も開いている。

ニナりんと、私と、2人だけでお出かけしちゃいますか?

「じゃあ、じゃあ、」

「ずっと行きたかった、後楽園のスパに行きたい!」

子どもたちが小さい頃、日帰り温泉に、家族でよく行ってました。

妹が埼玉に住んでいるので、埼玉周辺の日帰り温泉の情報を詳しく教えてくれたので、いろいろ巡ったものです。

でも、そのころのゆっきゅんは、ほんっとに落ち着きがなかった。

1つの風呂に入ったと思ったら、30秒で出て、次のお風呂に駆け出したまた入る、というのを繰り返して、もう滑って転ばないように気を付けるだけでヘトヘトに。

温泉に入って温まった気なんて、全くしない!!!

イヤ、そんな昔の苦労話を語り始めたら、すごくすごく長くなるので良いとして、

ラクーアは、5歳までの子どもは入館禁止なのです。(17歳未満でも、保護者の同伴が必要)

すっごく行きたかったけど、子ども連れでは入れなかったのでした。

1.念願の東京ドーム天然温泉スパ・ラクーアへGO!

大人 2850円

6~17歳 2052円

土日祝日特定日はプラス324円

水曜日はレディースディで2484円

ヒーリングバーデ(18歳未満利用不可)はプラス864円

平日のみ利用できるクーポンを使うと2600円で、250縁引きになります。

クーポンはこちら

ヒーリングバーデでは、岩盤浴などができるみたいですが、今回は無しにしました。

 

11時ピッタリに後楽園に到着すると、直通のエレベーターの前にはすでに温泉待ち行列ができていて、びっくり。

6階で降りて、靴を下駄箱に入れて、フロントでチェックインすると、リストバンド館内着の引換札をくれます。

リネンカウンターで引換札を渡すと、館内着バスタオル小さいタオルの入った手提げが渡されます。

選べる館内着は三種類。

のボレロにムームー風ワンピースタイプと、のサムイ風ゆったりパンツタイプと、グリーンのかぶりTシャツ風ピッタリパンツタイプ。

こちらもかわいい

こちらもかわいい

ワンピースも可愛くて迷ったけど、私もニナりんもにしました。

生地もしっかりしてます。

私が着ると、ちょっと、館内清掃係のおばさんっぽくなったのは想定外でしたが。

係りの人のよう

係りの人のよう

館内は、水着で入れるゾーンなどは無くて、いきなりお風呂です。

入口に、体を洗う用のボディータオルがあって、「これは期待できる!」と思いました。

2.温泉は天然温泉、もちろん、露店風呂やサウナも数種類あって、満喫できます

ここのお湯は、東京ドームシティの地下1700ⅿから湧き出る天然温泉で、保湿・保温効果に優れ、「痩身の湯」「美人の湯」とも呼ばれています。

露天風呂は、新陳代謝の促進や美肌効果があるとされる「炭酸泉」を、内湯の浴槽には「酸素泉」が使われているそうです。

お風呂の種類はそれほど多くないのですが、泡風呂、足湯、露天風呂、サウナなど、一通りあります。

とにかく清掃が行き届いていて、どこも気持ちよい

お風呂の温度や混み具合もちょうどよい感じ。

露天には、3つのお風呂がありました。

ビルの6階にあるはずなんだけど、全く高さも感じないし、むきだし感もなく、程よく吹き抜ける風を満喫できます。

サウナは、中高温サウナと、ミストサウナフィンランドサウナの3種類。

フィンランドサウナでは、自分でサウナストーンに天然香料100%のアロマオイルを含んだアロマ水をかけて、好みの温度に調節出来ます。

また、中高温サウナでは1日3回のアウフグースサービスもあります。

スタッフさんが、サウナストーンにアロマ水をかけ、蒸気を攪拌して熱風を送り、発汗を一気に促進するのです。

マイナスイオンとアロマの香りがリラクゼーション効果をもたらすと共に、熱風による発汗で身体の老廃物の代謝にもつながるんですって。

時間が合えば、体験してみたかった~。

3.うっとりするアメニティ「デタイユ・ラ・メゾン・」

そしてアメニティが、素敵。

温泉内の洗い場には、シャンプー・リンス・ボディーソープ、そしてクレンジングなど、数種類のラインナップが揃えてあって、どれを使うか迷ってしまう。

なんだかあっちでもこっちでも使ってみたくなります。

素敵さすぎて目がくらむ

素敵すぎて目がくらむ

そして、メイクアップコーナーにもクレンジング・ローション・乳液・ヘアスプレー・ヘアムースなどの、数種類のラインナップが置いてあります。

中でも、ひときわ輝いていたのは、お花の香りたっぷり「デタイユ・ラ・メゾン」

これは、パリの老舗コスメティック&フレグランスブティック、メゾン・デタイユPOLAのコラボレーションで誕生したヘアケア&ボディケアです。

世界のセレブリティに愛されるこのシリーズを体験出来るのは、都内温浴施設でスパ ・ラクーアだけだそうです。

肌と髪が幸せな香りでいっぱいです。

髪の毛も、めっちゃしっとり艶やかなりました!

4.ニャーヴェトナムでベトナム料理をいただく

館内は、最初に渡してもらったリストバンドキャッシュレスで、それに裸足で、フラフラできます。

お食事は、和食と、カフェと、ベトナム料理とBARなどがあります。

私たちは「ニャーヴェトナム」と言うベトナム料理で食べました。

私が食べたのは、カレー・ブン」という、フォーみたいな麺を使った、カレー味の麺。

最初、割と味なくて普通だな~と思ったけど、

ライムパクチー唐辛子を足したら、ぐっとアジアンっぽくなった。

ニナりんは、バインミー」という、フランスパンにゆで卵とお肉がはさまったサンドイッチみたいなものを食べました。

ここにもぬかりなく、パクチーがいました。

バインミーと、カレーブン

バインミー600円と、カレーブン1080円

どちらも見た目よりボリュームもあり、美味しかったです。

レストランは、一人できているらしい女性が多くて、ゆっくり、のんびりできました。

入館料にランチが付いているセットもあったようで、初めからセットの方が、お得だったかしら?

平日限定ランチパック  入館料+ランチパック3600円こちら

5.女性が一人で行っても怖くないリラックスゾーン

食事の後は、リクラゼーションスペースをのぞきに行きました。

色々なタイプのソファベッドがあり、ひざ掛けも自由に使えます。

雑誌も置いてありますし、タブレットも使い放題です。

女性専用のラウンジもあり、ソファベッドに横たわっていても、男性の目を気にすること無く、安心してくつろげます。

皆さんまったりとお昼寝したり、TVをみたりしていました。

ここでゆっくり、のぼせた体をリセットして、静かに過ごすにはほんとにいい。

私たちは、ちょっとだけソファに寝っ転がったり、タブレットいじったりしましたが、

使い方が分からなくて、あきらめてすぐに撤退しました。

6.多種多彩な有料のボディケアが用意されている

女性ロッカー内にはコスメティックバーがありました。

ブラシセット(100円)を購入すればコスメは使い放題

こちらには基礎化粧品も揃っているので、手ぶらでも大丈夫なのです。

後は、有料で様々なボディトリートメントがありました。

温泉に併設されてはいても、マッサージ師さんが施術をしてくれる場所は、威圧的な感じもあって、なかなかに入るのを躊躇してしまいます。

でも、ラクーアの従業員の方々は、にこやかに対応してくださる方ばかりだったので、

「ここでのボディトリートメントなら、気兼ね無く受けられそうだな。」

と、思ったのでした。

あかすりから、アロマオイルリンパケアまで、大人の女性はいくらでもお金を使えそう。

7.館内が素晴らしく清潔

館内を一通り探索してから、もう一度、お風呂ゾーンに引き返しました。

またまた露天風呂に行くと、雨が天井の隙間から、落ちてきました。

そういえば、今日は春の嵐で、突風局地的な豪雨があるって天気予報で言ってたっけ。

もう、上から雨がボッタボッタ落ちてくる。

落ちた雨水が跳ね上がって、温泉のしぶきが顔にかかる。

口にかかり、しょっぱい

頭上からも、絶え間なく雨粒が垂れてくる。

露天風呂の風情を通り越して、なんか面白くなっちゃいました。

チャップンチャップン

チャップンチャップン

私たちがお湯に入っている時間にも、係りの人が、随時お風呂の中を点検・備品の補充をしていました。

隅々まで行き届いた、完璧な清掃でした。

これまで家族で日帰り温泉に行くと、どうしても男子チームが早く出てるので、焦って髪の毛を乾かしてました。

今日は思う存分、時間をかけられて、温泉をこころゆくまで堪能することができました。

私も、ニナりんも、次の日学校もパートもない。

このまま次の日の朝9時までのんびりいられる。

のに、

「もう十分かなりノンビリ堪能した。」って、3時間ちょっとで退館しました。

せっかちかよ!

帰りがけに、下のショッピングモールをフラフラ見ながら、幸せな気持ちで帰りました。

ふやけるまでお湯につかって、身体もごしごし洗って、良いにおいのボディミルクですべすべになって。

なんでこんなに温泉はいいんでしょうね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください