東京染井温泉Sakuraでお花見

染井温泉サクラに行ってきました。

ちょうど桜が満開で、お花見も出来ました。

1.ソメイヨシノ発祥の地のこじんまりした日帰り温泉

2.琥珀に変わる透明な源泉とシルキーな超微細気泡風呂

3.お食事処SAKURAは高級な感じ

4.リラクゼーションルームは庶民的

5.行きも帰りも染井霊園を通るのよ。

ソメイヨシノ発祥の地のこじんまりした日帰り温泉

春休み、桜の花が満開の中、ニナりんと二人で、東京染井温泉Sakuraへ行ってきました。

染井温泉Sakuraは、ソメイヨシノ発祥の地と言われている、豊島区駒込にある日帰り温泉です。

ソメイヨシノは、江戸時代末期に、接ぎ木によって人工的に作られた園芸品種と言われていますが、その発祥の地が現在の豊島区駒込一帯で、今も花見の名所となっています。

温泉専用のシャトルバスがJR巣鴨駅から出ていますが、今回はのんびり都電荒川線で行きました。

新庚申塚で降りて徒歩20分くらいなのですが、スマホのルートの通りに辿っていくと、なぜか両側がお墓になってます。

「どうして墓地に入り込んでしまったのだろう?」

「迷子になったのか?」

と二人で迷っていましたが、どうやらここはあの有名な染井霊園らしいです。

お墓とお墓の間を通り抜けて、なんとか温泉に到着しました。

SAKURAが満開

SAKURAが満開

入浴料

大人           1,296円

小人(3歳以上小学生まで)  756円

回数券 11枚綴り      12,960円

岩盤浴(完全予約制で別料金)

平日 25分毎・・・・・会員 864円 / 一般 1,080円

休日 25分毎・・・・・会員 1,080円 / 一般 1,296円

岩盤浴回数券 (12枚綴り)・・・・・会員 8,640円 / 一般 10,800円
※ 土日祝日は216円加算

レンタル品

フェイスタオル  108円

バスタオル    216円

館内着      324円

バスタイムカバー 324円

 

桜の木が印象的な、落ち着いた感じのエントランスです。

施設は思ったよりもこじんまりしています。

入り口では、リストバンドを渡されます。

このキーには番号が書いてありますが、何にも関係ないので、覚えなくてよいです。

ロッカーの場所は自分で選んで決めるので、使うと決めたロッカーの番号と場所を、しっかりと覚えてください。

このキーの操作方法が、最初、ちょっと分かりにくいです。

緑色の空いているロッカーを探し、キーをスライドして差し込み、左へ回します。

抜くときも、スライドして引き抜きます。

すると、赤色になり、使用中のロッカーになります。

カギの番号は意味ないようだ

カギの番号は意味ないようだ

「何故、1番のロッカーに、1番のキーではないのか?」

「もしかして、どのロッカーを使ってもいいなら、ひとつのキーで、全てのロッカーが空いてしまうのではないか?」

と、心配になって、ニナりんのキー使って私のロッカーを開けてみるという実験をしてみました。

やっぱりちゃんと、他人のキーでは、開きませんでした

良かった。

琥珀に変わる透明な源泉とシルキーな超微細気泡風呂

お風呂は、内風呂と露天風呂がそれぞれ3つほどです。

東京ではめずらしい無色透明な源泉は、浴槽に注がれると、お湯が空気に触れ、琥珀に変わるのだそうです。

地下1800mから湧出した温泉は、天然のミネラルがたっぷり含まれていて、保温効果・保湿効果に優れ、お肌がつるつる・すべすべになります。

施設全体がそれほど広くないので、混むとすぐに満杯になりそうです。

私たちが訪れたときは、とても空いていて、ゆっくり過ごせました。

山桜桃の湯桜王の湯夜桜の湯など、お風呂には、にちなんだ名前が付いています。

私が一番気に入ったのは、若桜の湯というシルキーなお風呂。

露天にあって、4人ほど先客がいたら、「もう満員か?」というくらい、ちっちゃいお風呂です。

お湯の中に何やら機器が設置してあって、この機械から超微細気泡が発生していて、お湯が白く濁っています。

この超微細気泡が毛穴の中まで浸透し、皮膚の汚れを吸着し、老廃物を取り除いてくれるので、お肌はすべすべに。

さらに、美肌効果もある十分な酸素を含んだお湯で、潤いのあるお肌に生まれ変わるのです。

また、ミクロの泡から発する超音波により、体が芯から温まりますよ。

心までシルキーになる

心までシルキーになる

お食事処SAKURAは高級な感じ

私たちは館内着を借りなかったので、普段の服装に着替えて、お食事処レストランSAKURAに移動しました。

こちらのお食事処は、ちょっと料亭風な感じで、お値段もやや高級でしたよ。

平日のランチは1080円~2000円位、単品のお料理もありますが、それほど種類は多くありません。

宴会料理のコースの方が充実していたようです。

私たちはミニのかき揚げ丼と、ミニのカレー丼を頼みました。

かき揚げ丼は、小さい器でしたが、油が軽くて、サクサクでした。

あと、ちょうどスプリングフェスタを開催中だったので、ストロベリースムージーも食べました。

温泉で体がホカホカだったので、冷たいスムージーは甘酸っぱくてさっぱりして、美味しかった~。

ミニかき揚げ丼・ミニカレー丼とストロベリースムージー

ミニかき揚げ丼・ミニカレー丼とストロベリースムージー

リラクゼーションルームは庶民的

お腹が満たされたので、お次は館内を探索です。

館内の内装は歴史を感じさせる大正レトロ風

お土産処では、地方の名産品や、草津温泉まんじゅうも売っていました。

リラクゼーションルームも覗きに行きましたよ。

リクラゼーションルームにたどり着くには、まず、一つ目の扉をあけ、男性ゾーンに入り、横になって休んでいる方々を横切って、奥の女性専用ゾーンの扉を開けて、入っていかなくてはいけません。

やや気まずい気持ちを押して、女性ゾーンへ入ります。

気まずくて、そっと侵入

気まずくて、そっと侵入

ソファベッドの数は、あまり多くなくて、10数台くらい?

混んでいたら、足りないかもしれませんね。

それぞれに1つずつ、小さいTVが備え付けてありました。

ニナりんと、寝っ転がってみました。

ここのひざ掛けも有料で別途貸してくれます。

女性専用ゾーンの漫画は、こちらもややレトロな、ドラゴンボール、ハンターハンター、桜蘭高校ホスト部、などなどが取り揃えてありましたよ。

行きも帰りも染井霊園を通るのよ。

温泉を十分堪能した私たちは、

「帰り道はお墓を通らないように違う道を通ろう!」と、今度は都電の西ヶ原四丁目駅に向かって歩きました。

なのに、なぜか墓地の中を通ってしまう・・・

実は、ここ染井霊園は、多くの著名人が眠っているのですよ。

高村家の墓所(彫刻家の光雲、長男であり詩人の光太郎、妻智恵子)を始めとして、日本美術界に貢献した思想家の岡倉天心、“浮雲”で名高い二葉亭四迷など50名以上の著名人の墓所があります。

霊園の案内図の立て看板もありますし、文学散歩を同時に楽しめる花見スポットなのです。

桜の森の満開の下はお墓が並んでいて、それはそれは美しかったです。

桜の花の満開の下

桜の満開の下

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください