第九を歌ったよ

 

日本の年末は、大掃除と年越しそばと第九で締めよう!

美しい歌声

先生の美しい声

1.歌詞が覚えられない

2.衣装について。スカートは購入したよ

3.指揮者合わせ

4.リハーサル・楽器合わせ

5.発表当日

①午前:ゲネプロ

②午後:本番

1.歌詞が覚えられない

第九の合唱団に参加しました。

子どもの通っていた幼稚園では、第九歌わせてたな、とか、ニナりんの高校でも、他の生徒が歌ってたな、とか思って、ふと、参加したくなったのです。

ニナりんも歌ってみたいというので、二人で申し込みました。

申し込んでから気づいたんだけど、私って、第九をフルで聞いたこと、なかったんですよ。

ま、いっか。

初めて練習に行って、先生たちの素敵な声と丁寧な指導に感動しました。

初心者向けに、ドイツ語の発音も辛抱強く教えてくれるのです。

でも、最初のうちは、ドイツ語の歌詞がぜんっぜん、覚えられなくて、

ついていけませんでした。

もうなに言ってんだか、意味わかんないし!って、そりゃそうですけど。

一度覚えると、フレーズは、くり返しもあって、最初に思ったほどは大変じゃなかった。

まあ、慣れです。

練習は、毎回発声練習から始まり、なかなかうまく声を出せない私たちにも、根気強く、繰り返し教えてくれます。

練習も後半に入ってくると、経験者なのでしょう、これまで見たこともなかった人が、突然途中から参加してたりするようになりました。

人数が次第に増えて、いつの間にか部屋がぎゅうぎゅうになっていました。

2.衣装について。スカートは購入したよ

発表の日が近づいてくると、当日の服装の規定が知らされました。

女性の服装

女性の服装

上は白のブラウス。

肘が見えないように。長袖か、七分袖。

アクセサリーは、透明または白のみ。

ストッキングはナチュラルな肌色。

靴は黒。

スカートは、舞台衣装用の合唱用の黒のロングスカートです。

スカートの丈は、くるぶしよりも下ならいいそうですが、合唱団によっては、裾は床までつかないと駄目なところもあるそうです。

一番困ったのはスカートです。

そんなにロングな黒いスカートなんて、もちろん持ってませんよ!

そこら辺のスーパーで売ってそうにないので、結局、ネットで、探しました。

舞台用、や、合唱用で検索すると、専用の黒いスカートが見つかりました。

多分一番安い?位?と思うんだけど、1着5000円しました。

結構高いです~!

予想外の出費!

通販なので、自分でサイズを測ってから買ったのですが、届いてから試着したら、

ウエストが、わりとギリギリで、あそびがない。

本番までに太ったら、履けません。

丈も長くて引きずるので、ウエストで一回り折り込みます。

思い切って買ったけど、一生に一回しか着ないかもしれない・・・

3.指揮者合わせ

12月も近づき、これまでずっと、合唱だけで練習してきたのですが、ここにきて初めて、当日の指揮をしてくださるエストロとの練習がありました。

さすがマエストロと呼ばれる方だけあって、出来る人オーラを発しています。

こんなしがない市民の合唱団にも、容赦ない指導が飛んできました。

私たちの歌をちょっと聞いただけで、どんどんストップが入る。

指揮のテンポも、かなり違ってて、全然早い

次から次へと注意されて、頭が追い付かない

もう、曲の頭から、終わりまで、ビシビシしごかれました

これまで指導してくれた先生方は、優しかったんだな〜って。

そして、自分たちの歌のレベルの低さも、思い知らされましたよ。

4.リハーサル・楽器合わせ

いよいよ本番直前のリハーサルです。

楽器の人たちとも、ここで初めて一緒に合わせました。

この時の楽器の数や人数は少なくて、

(アマチュアの楽団だし、まあまあこんなものかな、ちょっと迫力にかけるかな)

などと、後ろから見て勝手に思っていました。

ソリストの4方も、今回初めてお目見えしての練習です。

男性も、女性も、ガタイがいいわけではないのに、声が響く響く

私は、すっかりお客様になって、聞き惚れてしまいました。

5.発表当日

1.午前:ゲネプロ

当日は、朝9時から、コンビニのサンドイッチと飲み物を持って会場入りです。

ゲネプロは、普通だと通し練習らしいのですが、指揮者の方が演奏を止めて注意するので、普通の練習になってました。

控え室で待機、小ホールで声出し、大ホールでリハーサル、そしてまた控え室にもどったりと、階段を上ったり、降りたりでしたが、大抵はずっと待ち時間なので結構暇でした。

ご高齢で杖をついている人は、エレベーターを使っていました。

練習風景

練習風景

暇な時間にとなりのおばさま方とお話しすると、もう6年目とか、ともすれば13年目とか、ベテランの方がぞろぞろいました。

そして、みなさん、けっこうバラバラの地域から来てました。

当日は、楽器の数が先日の楽器合わせの時の倍くらい?に増えていて、なかなかな大人数になっていて、演奏も、ずっと上手になっていました。

2.午後:本番

第二楽章開始あたりで舞台袖に移動して、第三楽章が終わったら、舞台に並びます。

第四楽章の途中までは座っていて、途中から、立ち上がって、合唱に入ります。

私は、あがったりはしてなかったと思うのですが、チョット歌詞を間違えそうになったりしまし

た。

繊細かつダイナミックな指揮

繊細かつダイナミックな指揮

とにかく、本番の楽器の演奏は段違いに素晴らしかった!!!

ソリストの方々の歌声もホール中に響き渡っていた!!!

ホールの全員の意識が指揮に集中して、大ホールがちっちゃく感じられたくらいでした。

それを真後ろの特等席で聴いているんですよ~。

舞台での時間は、今でも記憶が飛び飛びなくらいに、短く感じました。

私たちを指導してくれた先生方も、たくさんほめてくださりました。

私も、自分の歌の出来はとにかく、みんなが素晴らしくて、感動でした。

マエストロ、やはりただ者ではなかったのですな。

 

本番はあっという間に終わり、今年の第九合唱団は解散です。

終わった後は、みんなニコニコの満足な笑顔で、素晴らしい発表会でした。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください